ファームヤマト、宮崎県都城市に野菜加工工場

2020年7月20日

 大根等農産物の生産を行うファームヤマト(宮崎県都城市)は、都城市丸谷町に野菜加工工場を建設する。

 投資額は約2.7億円。敷地面積は約8,000㎡。建物面積は834㎡。新規雇用予定は10名。工場では大根おろし、切り干し大根の製造を行う。2020年7月の着工、2021年2月の完成、同年3月の操業開始を予定している。

 同社は、都城市で大根などの露地野菜の生産・販売を行っている。今回、大根おろしと切り干し大根を製造する加工施設を新設し、農業から製造業に新規参入することで企業価値を高める計画。

■ 新工場概要

所在地:宮崎県都城市丸谷町5037番地1
投資額:約2.7億円
敷地面積:約8,000㎡
建物面積:834㎡
新規雇用予定:10名(2020年度5名、2021年度5名)
事業内容:大根おろし、切り干し大根の製造
生産計画:約1.3億円(操業後5年)
着工予定:2020年7月
完成予定:2021年2月
操業開始予定:2021年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ