オイレス工業、藤沢事業場に新工場

2020年9月11日

 無給油式軸受けを製造するオイレス工業は、藤沢事業場に新工場棟を建設し、県外工場を移管・集約する。

 建築面積は約3,000㎡。延床面積は約7,000㎡の地上3階建。2020年9月の着工、2021年10月の竣工を予定している。

 同社が製造する自動車用小型樹脂軸受は、グローバル競争のし烈化などの環境変化への対応として、生産性の向上が必要となっている。また、自動車業界は電動化・自動運転など大きな変革期を迎えていることから、研究開発機能の拡充が課題となっている。

 今回、藤沢事業場に新工場棟を建設し、県外工場を移管・集約することで、生産性の向上を図る。また、技術評価スペースを拡張し、新たな評価設備を導入することで、自動車の騒音・振動低減につながる新製品の開発を行う。

■ 新工場概要

所在地:神奈川県藤沢市桐原町8番地(藤沢事業場)
建築面積:約3,024.56㎡
延床面積:約7,035.57㎡
構造:地上3階建
事業内容:小型樹脂軸受の製造
着工予定:2020年9月
竣工予定:2021年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ