ネオフーズ竹森、都城市の本社工場増設

2020年9月28日

 畜産食料品やソースを製造するネオフーズ竹森(宮崎県都城市)は、本社工場を増設する。

 投資額は約1.4億円。増設面積は353㎡。2021年1月20日の着工、同年6月の完成、7月の操業開始を予定。2025年度には11億円の売上を目指す。

 今回、鶏皮を原料とした「おつまみ鶏皮」がお土産品として人気を集めており、生産が追いつかない状態となっていることから、工場を増床し、製造ラインの増加や作業効率の改善により、「おつまみ鶏皮」を含めた全ての商品の生産体制を強化する。

 併せて、改修によりHACCPに対応した設備を整備し、適正な衛生管理体制も構築する。

 同社は、畜産品を原料とした真空パック商品やおつまみ鶏皮などの畜産加工品の製造、タルタルソースやマリネソースなどのソース製造を行っている。従業員数は66名。売上高は約7.9億円(2019年度)。

■ 増設概要

所在地:宮崎県都城市山田町山田3983番地7(本社工場)
投資額:約1.4億円
増設面積:353㎡
新規雇用予定:6名
事業内容:畜産食料品、ソースの製造
売上計画:11億円(2025年度)
着工予定:2021年1月20日
完成予定:2021年6月30日
操業開始予定:2021年7月1日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ