明電舎、EVモータ新工場が稼働開始

2020年10月21日

 明電舎は19日、子会社の甲府明電舎内に建設を進めていた新工場が完成し、稼働を開始したと発表した。

 今回、拡大するEV市場に対応するため、車載用モータ生産の中核工場として、生産ラインの増強により更なる事業規模拡大を目指す。

■ 新工場概要

所在地:山梨県中央市中楯825(甲府明電舎)
延床面積:約3,500㎡
生産品目:車載用モータ
生産能力:17万台/年(最大年間生産台数)
自然エネルギーの活用:屋上には250kW太陽光発電設備を配置
空調エネルギーの低減:窓や屋根・外壁には断熱効果の高い材料を採用
          :個別分散型エアコン、全熱交換器採用
水使用量の削減:節水型衛生器具の使用
建築物省エネルギー性能評価「BELS」の5つ星を取得
画像検査:欠品検出、ネジ穴・ケーブル位置検出、締め付け位置管理等
温度管理:焼嵌め条件の管理、接着剤硬化条件の管理等
工程データの一元管理:トレーサビリティデータベースとの連携
稼働開始:2020年10月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ