山本金属製作所、岡山研究開発センター2号棟を建設

2020年11月25日

 輸送機器・医療機器・エネルギーインフラ機器等の部品加工を行う山本金属製作所(大阪市平野区)は、岡山リサーチパーク14号地に研究開発棟を建設する。

 投資額は土地代含め約6億円。敷地面積は約6,120㎡。延床面積は約1,500㎡の鉄骨造2階建て。従業員数15名のうち新規に10名雇用する。新棟では、機械加工のプロセスイノベーション実験、機械加工の高度化に必要なIoTデバイス開発等を行う。2023年6月の着工、2024年6月の竣工を予定している。

 同社は、2012年に同パーク内に岡山研究開発センターを整備し、金属加工技術や評価試験機等の研究開発を行っているが、顧客ニーズの増加により研究開発能力等を拡充するため、新棟の建設を決定した。

■ 新棟概要

名称:岡山研究開発センター 研究2号棟(仮称)
所在地:岡山市北区芳賀5323番(岡山リサーチパーク14号地)
投資額:約6億円(土地代含む)
敷地面積:6,120.10㎡(うち緑地1020.03㎡)
延床面積:約1,500㎡
構造:鉄骨造2階建て
従業員数:15名(うち新規雇用10名)
事業内容:機械加工のプロセスイノベーション実験、機械加工の高度化に必要なIoTデバイス開発等
着工予定:2023年6月
竣工予定:2024年6月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ