KTX、長崎・平戸市工業団地に新工場

2020年12月17日

 金型や生産設備機器を製造するKTX(愛知県江南市)は、長崎県の平戸市工業団地に新工場を建設する。

 新工場では、自動車内装用金型の製造技術を元に製品化を検討していた人工関節を、最先端のメタル3Dプリンター2機を導入して医療用の人工関節の開発、製造販売を行う。また、同時に最先端のレーザー加工機も導入し、航空機部品の製造も計画している。

 同社は、1975年設立。自動車、航空機、医療機器及び住宅設備生産用の各種金型製造や各種生産設備機器を製造。従業員数は210名(2020年11月)。売上高は39億7,600万円(2020年4月)。

■ 新工場概要

事業所名:KTX(株)長崎ラボラトリーズ(仮称)
所在地:長崎県平戸市田平町古梶免11-11(平戸市工業団地)
用地面積:20,440.51㎡
事業内容:人工関節等の医療機器の開発・製造、自動車内装部品の金型製造、航空機部品の金型製造
雇用計画:50名(開設後5年間)
開設予定:2021年9月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ