愛工機器製作所、本社・春日井工場で設備投資

2021年3月1日

 愛知電機は2月26日、連結子会社でプリント基板を製造する愛工機器製作所(以下:愛工機器)が本社・春日井工場で設備投資を行うと発表した。

 愛工機器はCPUパッケージ基板用コアの生産能力増強を目的に2020年2月に設備投資計画(第1期増強投資)を策定し進めていたが、今回、さらなる生産能力増強を行うため、追加の設備投資(第2期増強投資)を決定した。

 CPUパッケージ基板用コアは、5G通信やAI、IoTの普及加速を背景に更なる需要拡大が見込まれていることから、需要拡大に対応することで、パッケージ基板用コア事業の成長を目指す。

■ 設備投資概要

所在地:愛知県春日井市愛知町1-2(本社・春日井工場)
投資額:約40億円(2021~2022年度)
生産品目:CPUパッケージ基板用コア
稼働開始予定:2021年度から順次
量産開始予定:2022年度

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ