ナガサキロジスティクス、長崎物流センター建設

2021年4月6日

 福岡運輸ホールディングスは1日、グループ会社のナガサキロジスティクスが運営予定の長崎物流センターが着工したと発表した。

 ナガサキロジスティクスが運営する冷凍冷蔵倉庫は本社工場、大村工場、飯盛工場、諌早物流センターに続いて、5カ所目となり、2022年4月の完成予定。

 長崎物流センターは、長崎自動車道路の諌早インターより約8km、10分程の距離でアクセスがすぐれた立地となっている。

 また、環境への配慮から、CO2の自然冷媒の冷凍機を導入し、屋根には自家消費用の為の太陽光パネルを設置する。さらに、BCP対策として非常用発電機を備える。

■ 物流施設概要

所在地:長崎県諫早市飯盛町平古場菖蒲田35番地
敷地面積:15,809㎡
延床面積:4,230㎡
構造:鉄骨造平屋一部二階建て
倉庫スペック:冷凍冷蔵倉庫
バース数:12バース
着工:2021年3月31日
完成予定:2022年4月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ