パーツ精工、鹿児島第3工場建設

2021年4月6日

 精密機械部品を製造するパーツ精工(埼玉県三郷市)は、薩摩川内市に鹿児島第3工場を建設する。

 今回、医療機器(生化学分析装置部品、レントゲン装置部品等)や印刷機器(商業用大型印刷装置部品等)、電子機器(表面実装機部品等)関連の顧客からの増産要求に対応するため、新工場の建設を決定。

 既存工場の敷地内に鹿児島第3工場を増設し、新たな工作機械を導入することで、生産能力を大幅に増強する。

■ 新工場概要

工場名:(株)パーツ精工 鹿児島第3工場
所在地:鹿児島県薩摩川内市宮里町1500番地外(既存敷地内)
投資額:約8億円
延床面積:1,524.3㎡(切粉保管庫27.7㎡を含む)
構造:工場/鉄筋造、切粉保管庫/木造
新規雇用予定:30名
事業内容:精密切削加工部品、各種機械加工部品の製造
生産金額:3億円/年
着工予定:2021年4月
操業開始予定:2021年11月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ