日新電機、インド・グジャラート州に新工場

2021年4月9日

 日新電機は7日、インドのグループ会社がグジャラート州アフマダーバード近郊に新工場を設立すると発表した。

 グジャラート州は、自動車でインド国内最大シェア、二輪車で第2位のシェアを占める日系自動車メーカーの現地法人や、インドの大手国内自動車メーカーや米国の自動車メーカーが生産工場を構えるインド有数の工業地域であり、各社とも生産能力の増強を進めている。

 これに伴う切削工具や各種金型、自動車部品などへのコーティング需要に素早く対応するため、同地でのファインコーティングサービス工場の設立を決定した。

 コーティング設備は、グループ会社の日本アイ・ティ・エフの最新機種である「iDS シリーズ」を導入し、最先端のコーティング技術を適用することで、より高度な切削加工・成形加工を望む顧客ニーズに対応する。

 また、研磨設備などの基材加工設備も併せて導入することで、コーティング膜の性能を最大限発揮できる生産体制を整えた。

 インドでは、中間層の増加により自動車の需要は今後も増加が見込まれている。また切削工具・金型の長寿命化・加工速度向上によるコスト削減効果や、加工油の使用量削減による環境負荷低減効果への期待からコーティング技術が注目されているという。

■ 新工場概要

会社名:Nissin Advanced Coating Indo Co.,Private Ltd.
設立:2021年2月
所在地:Plotno.A5,MascotIndustrialpark,JadavpuracrossRoad,Kadi-VithalapurHighway,Kadi,Mehsana,Gujarat,382715,India
敷地面積:1,800㎡
建物概要:鉄骨造/地上1階建て
事業内容:切削工具、各種金型、部品の耐摩耗・摺動用コーティング(窒化物コーティング、DLCコーティング)
従業員数:20名

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ