ビーイングホールディングス、「福井SCMセンター」着工

2021年4月26日

 ビーイングホールディングスは20日、福井県永平寺町に物流拠点「福井SCMセンター」を着工したと発表した。

 センターはグループ企業である福井アクティーが運営する予定。

 福井アクティーは、今後も福井エリアで顧客の新規出店が見込めることから、新たな業務拡大に向けて既存の福井センター、福井国分センター、福井DCセンターの機能を同センターに統合して業務効率を向上させる。

■ 物流施設概要

名称:福井SCMセンター(仮称)
所在地:福井県吉田郡永平寺町松岡吉野堺31字南沖田36-1、37-1、38-1
投資額:15.5億円
敷地面積:7,652.44㎡(2341.8坪)
建築面積:3,854.9㎡(1166.11坪)
延床面積:7,698.57㎡(2328.82坪)
倉庫内温度帯:3温度帯(常温、チルド、冷凍)
構造:鉄骨3階建、高床バース
主要業務:常温の在庫型物流センター、チルド・冷凍の通過型物流センター
着工:2021年3月17日
竣工予定:2021年9月末

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ