三井化学、大牟田工場で設備投資

2021年5月28日

 三井化学は27日、福岡県の大牟田工場で高屈折率メガネレンズ材料を増産すると発表した。

 世界における高屈折メガネレンズの需要は、アジアでの高機能品を求める層の拡大、北米でのポリカーボネート素材からの置き換え需要などから長期的に成長する見込み。

 今回、既存プラントを保有する大牟田工場で設備を増強し、需要拡大に対応する。新プラントは、2023年下期の商業運転開始を予定している。

■ 設備投資概要

所在地:福岡県大牟田市浅牟田町30番地(大牟田工場)
生産品目:高屈折率メガネレンズ材料(製品名:MR)
商業運転開始:2023年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ