佐渡汽船、新潟市で船舶給油設備の増設

2021年5月31日

 佐渡汽船は28日、新潟県新潟市の新潟港万代島ターミナル構内で船舶給油設備の増設を行うと発表した。

 現在、新潟・両津航路に就航しているジェットフォイル(ガスタービンを主機関とし、水中翼によって船体を海面から完全に浮上させて翼走する超高速旅客船)に供給する燃料(軽油)は、タンクローリーによる配送を毎日行うことで、日々の必要量を確保している。

 しかし、今後、日曜日、祝日の配送ができなくなる可能性が高いことから、引き続き燃料の安定供給体制を維持するためには、備蓄する量を増加させる必要があると判断し、ジェットフォイル給油用軽油地下タンクの増設を決定した。

■ 設備投資概要

所在地:新潟県新潟市中央区(佐渡汽船 新潟港万代島ターミナル構内)
取得価額:3,150万円(予定)
設備:ジェットフォイル給油用軽油地下タンク1基(30㎘)
資金調達方法:自己資金(予定)
工事完了予定:2021年9月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ