パナソニックエコシステムズ、ベトナムで換気扇の新工場が稼働

2021年9月28日

 パナソニックエコシステムズは27日、パナソニックライフソリューションズベトナムが建設した新工場が稼働を開始すると発表した。

 近年、換気など空気質に対する関心が世界中で高まり、換気扇など室内空気質関連機器の需要が増大している。同社は換気のグローバルニーズに対応するため2019年10月より新工場の建設を進めてきた。

 新工場は、ホーチミン市中心部より北方に位置し、敷地面積49,995㎡で、延べ床面積24,066㎡の2階建て。生産は、ベトナム市場向けの天井扇から開始し、来年度には、ベトナムとアジア、中東阿等へも輸出する換気扇へと拡大。東南アジアにおける室内空気質関連機器の主力生産拠点として展開することで、同地域における25年度の生産台数は、20年度の約1.5倍へと拡大する。

 また、23年度には、各国の生活様式とニーズに合った商品開発を行う室内空気質ソリューションの研究開発部門(R&D)を設置し、開製販一体型の工場を目指す。

■ 新工場概要

会社名:パナソニック ライフソリューションズベトナム有限会社(Panasonic Life Solutions Vietnam Co. Ltd.)
名称:パナソニック ライフソリューションズベトナムIAQ工場(Panasonic Life Solutions Vietnam Co. Ltd. IAQ factory)
所在地:ベトナム・ビンズオン省
投資額:45百万米国ドル(約50億円)
敷地面積:49,995㎡
延床面積:24,066㎡
生産品目:天井扇、換気扇
生産台数:2025年度 約300万台
供給先:ベトナム、アジア、中東阿など
着工:2019年10月
稼働開始:2020年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ