ダンレイ、神奈川県茅ケ崎市に新工場建設

2021年10月18日

 水制御用バルブを製造するダンレイ(神奈川県茅ケ崎市)は13日、神奈川県茅ケ崎市に新工場を建設すると発表した。

 同社の主力事業である給湯器業界では、2002年の誕生以来、家庭用電気給湯器(エコキュート)が省エネの追い風にのって年々需要を拡大しており、2050年カーボンニュートラルに向けて更なる需要の拡大が予測されている。

 現在の工場では生産数量に限界があり、需要増への対応が困難な状況となることが予測されている。また、従業員満足(ES)の面でも、老朽化や設備の増加に伴う導線の複雑化により、働きにくい環境となっていた。そこで創立70年の節目である今年、新工場の建設を決定した。新工場ではこれまで本社・工場にて実施している全製品の組立を移管する計画。

■ 新工場概要

工場名称:(株)ダンレイ 萩園工場
所在地:神奈川県茅ケ崎市萩園(現在区画整理中)
敷地面積:2,689.44㎡
延床面積:3,078.03㎡
構造:鉄骨造 地上2階
着工:2021年10月1日
完成予定:2022年6月
稼働予定:2022年8月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ