トヨタ自動車、米国で車載用電池生産

2021年10月19日

 トヨタ自動車は18日、米国で2030年までにBEV用を含む車載用電池の現地生産に約3,800億円(約34億ドル)を投資すると発表した。

 この投資は、2021年9月に公表した、2030年までにグローバルにおける電池供給体制の整備と研究開発を行うための投資約1.5兆円の一部となる。(用地・建物の費用を除く)。

 車載用電池の現地生産に向けた取り組みを推進する第一歩として、トヨタの北米事業体であるToyota Motor North America, Inc.が、豊田通商とともに米国で新会社を設立し、2025年からの稼働を目指す。同プロジェクトでは、2031年までに約12億9,000万ドル(約1,430億円、用地、建物の費用を含む)の投資と、現地での新規雇用1,750人を見込む。

 同時に、トヨタは、車載用リチウムイオン電池の現地サプライチェーンの構築の推進や現地生産のノウハウの蓄積と発展を目指す。新会社は、まずはHEV向けの車載用電池の生産に注力する予定。

 なお、新会社の拠点、生産能力、事業構造などの詳細については、今後改めて公表するとしている。

■ 設備投資概要

所在地:米国
投資額:全体 約3,800億円(約34億ドル)
   :新工場 約1,430億円(約12億9,000万ドル)※用地、建物の費用を含む
新規雇用予定:1,750名(新工場)
稼働開始予定:2025年(新工場)

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ