日本発条、宮田工場で半導体プロセス部品の増産

2021年11月1日

 日本発条は10月26日、長野県上伊那郡にある宮田工場で半導体プロセス部品の生産能力を増強すると発表した。

 同社は今年9月に中期計画に対する4億円の設備投資の前倒しを発表していたが、半導体製造装置に使用される同社の半導体プロセス部品の需要増の勢いが増してきており、今回更に9億円の設備投資を実施する。

 半導体プロセス部品は、神奈川県の伊勢原工場と、2年前に新設した長野県の宮田工場の2カ所で生産しているが、今回の投資対象は宮田工場になる。

 今後も大きな成長が見込まれる半導体プロセス部品の需要増加に対応するため、宮田工場では建屋の増設等も含め、数十億円規模の更なる生産能力増強を検討するとしている。

■ 設備投資概要

対象工場:産機生産本部 宮田工場
所在地:長野県上伊那郡宮田村5352-6
投資額:9億円
生産品目:半導体プロセス部品
着工予定:2021年10月
稼働予定:2022年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ