イタックス、薩摩川内市の事業所増設

2021年11月30日

 労働者派遣事業、倉庫業など手掛けるイタックス(鹿児島県鹿児島市)は、薩摩川内市の「イタックスFBCセンター」を増設する。11月9日、立地協定式が行われた。

 同社は、今年2月に県内外の畜産・水産用配合飼料メーカーが使用したフレキシブルコンテナバッグ(以下:フレコンバッグ)の回収・保管・洗浄・補修・出荷を行う「イタックスFBCセンター」を新設し、稼働を開始している。

 今回、現在の取引先等からの高まる需要に対応するため、仕分け等の前処理作業や出荷前のフレコンバッグの管理体制を強化し、事業所全体の処理能力を増強する。

■ 増設概要

事業所名:イタックスFBCセンター テント倉庫C棟
所在地:鹿児島県薩摩川内市入来町副田5937-6(入来工業団地)
投資額:3,017万円
敷地面積:17,565㎡(既存敷地内)
建築面積:480㎡
新規雇用:5名(正規雇用5名)
事業内容:フレコンバッグの前処理(仕分け等)、保管
荷扱金額:2,500万円/年
着工予定:2021年11月
操業予定:2021年12月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ