ヴァレオジャパン、福岡県苅田町に新工場/自動車用樹脂成型部品の製造

2021年12月13日

 自動車部品サプライヤーであるヴァレオグループ日本法人のヴァレオジャパンは9日、福岡県京都郡苅田町のヘッズハイテクパークに新工場(苅田工場)を建設すると発表した。

 新工場では、カーエアコンユニットなどの組み立てと自動車部品の樹脂成型を行う。今年7月30日に着工しており、2022年7月より操業を開始する予定。

 今回、九州地区での需要拡大に対応するため、最先端の組立ラインと樹脂成型の設備を備えた苅田工場を設立する。苅田工場では、カーエアコンユニット、アクティブグリルシャッターと自動車用樹脂成型部品を生産する。また、九州で自動車メーカー各社の拠点近隣に新工場を設けることで、信頼性の高い供給と効率の向上を図る。

 苅田工場は、ヴァレオジャパンにとって7カ所目、九州では2カ所目の工場となる。同社は2010年、同じく苅田町に九州工場を開設し、自動車の前回りの機能部品を一体化させたフロントエンドモジュールの組み立てを行っている。

 2012年には大分県中津市に中津工場を設立し、カーエアコンユニットを生産していたが、2020年に同工場を九州工場に統合している。

■ 新工場概要

名称:苅田工場
住所:福岡県京都郡苅田町大字与原2101-1
敷地面積:8,527㎡
生産品目:カーエアコンユニット、アクティブグリルシャッター、樹脂成型部品
従業員:約75名(予定)
着工:2021年7月30日
操業開始予定:2022年7月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ