LIXIL、横浜工場の操業停止

2022年1月25日

 LIXILは21日、2023年3月に横浜工場の操業を停止すると発表した。

 横浜工場は操業開始から60年が経過し、設備・建屋の老朽化が進んでおり、今後の操業継続には多額の費用が必要であるほか、安全面や故障などの操業リスクや周辺住民への環境的配慮が必要な状況となっている。

 そのため、横浜工場については操業を停止し、現在、同工場で操業する加工部門については、下妻工場(茨城県下妻市)、粕川工場(群馬県前橋市)等へ集約することで、サプライチェーンの最適化と技製販連携を進め、高付加価値商品を市場へ投入できる体制の構築と資本効率の向上を目指す。

■ 横浜工場概要

名称:横浜工場
所在地:神奈川県横浜市緑区三保町2081
敷地面積:34,834㎡
設備の内容:アルミ建材の製造・加工
従業員数:183名(2021年10月時点、うち正社員45名)
竣工:1961年
操業停止予定:2023年3月末

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ