住友化学、大分工場に新プラント建設

2022年4月4日

 住友化学は3月30日、大分工場(大分市)に低分子医薬品の原薬と中間体の製造プラントを建設すると発表した。

 今回、低分子医薬品の需要の高まりに応じて、多品種で高品質な製品の供給体制を強化する。操業開始は2024年9月を予定している。

 新プラントは、製薬会社からの要望に応じて、複雑な反応を含む多品種の生産が可能で、開発から商用生産まで柔軟に対応できる設備となっている。

 また、GMPと呼ばれる医薬品の製造や品質管理の基準に日米欧で適合しており、高い品質でグローバルに供給することが可能。

 同社は、低分子医薬品の原薬と中間体を、主に岐阜プラント(岐阜県安八町)と岡山プラント(岡山県倉敷市)で生産している。今回の新プラント建設で、大分工場を第3の拠点と位置づけ、供給能力を増強するとともに、事業継続計画(BCP)の充実も図る。

 大分工場では、21年10月、中分子医薬品に分類される核酸医薬の原薬製造プラントの新設に着手している。同工場内には子会社である大日本住友製薬(株)の工場も立地しており、引き続き、同社グループのライフサイエンス分野の中核拠点として整備していく。

■ 設備投資概要

所在地:大分県大分市鶴崎2200(大分工場)
事業内容:低分子医薬品の原薬および中間体の製造
操業開始予定:2024年9月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ