ライオンケミカル、和歌山市小倉に新工場

2015年7月14日

 脱臭剤・芳香剤・洗浄剤などの生活科学用品製造を手掛けるライオンケミカル(本社:和歌山県有田市)は、和歌山市小倉に新工場を建設する。

 今回、新工場の建設で生産能力の大幅な増強が可能となり、和歌山ICから近いという物流面でのメリットも活かし、更なる販路拡大を目指すという。

 投資額は約4億7,500万円(建物・設備)、敷地面積は6,850㎡、2016年3月の操業開始を予定する。

■ 新工場概要

所在地:和歌山県和歌山市小倉25番地
投資額:約4.7億円(建物・設備)
敷地面積:6,850㎡
建物面積:2,346㎡(新設)、2,554㎡(既設)
新規雇用予定:正社員20名(3年間)
操業開始予定:2016年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ