プロロジス、ZOZO専用物流施設が竣工

2019年9月25日

 プロロジスは20日、茨城県つくば市でZOZOの専用物流施設「プロロジスパークつくば1-B」の竣工式を行ったと発表した。

 施設は、4階建て延床面積約71,000㎡の物流施設として開発された。1階と3階にトラックバースを設け、スロープで大型車両が3階にアクセスできる設計。スロープとトラックバースは、45フィートコンテナトレーラーが走行、着車できるサイズとした。

 また、同施設は「プロロジスパークつくば1-A」と各階が接続し、2棟を一体活用した効率的な物流オペレーションが可能となっている。

 ZOZOは、フルフィルメント業務全般を行うための最大拠点として「プロロジスパーク習志野4」などを利用するリピートカスタマー。「プロロジスパークつくば1」は、「プロロジスパーク習志野4」に次ぐ基幹拠点として、フルフィルメント業務全般を行う物流施設として利用する予定。

■ 物流施設概要

名称:プロロジスパークつくば1-B
所在地:茨城県つくば市東光台5丁目6-1
敷地面積:32,804.36㎡
延床面積:71,709.67㎡
構造:地上4階建、鉄骨造
着工:2018年4月
竣工:2019年9月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ