ファンケル、静岡県三島市に新工場

2019年9月26日

 ファンケルは25日、100%子会社のファンケル美健が静岡県三島市に土地と工場建屋を取得すると発表した。

 土地、建屋はオムロンの三島事業所を取得する。取得価額は約33億円。改修工事や生産設備の導入に約50億円を見込む。敷地面積は34,671㎡。延床面積は30,714㎡のSRC造地上6階建。工場ではサプリメントを製造し、生産能力は現状比3倍から3.5倍になる見込み。稼働開始は2021年3月を予定している。

 同社の2018年度売上は、化粧品事業とサプリメント事業ともに過去最高を更新し、中期経営計画の最終年度となる2020年度の連結売上計画を1,400億円に上方修正した。

 サプリメントは国内売上が好調であり、さらに2020年度には中国国内でサプリメント事業を本格的に展開する予定。

 こうした状況から、今後の需要拡大を見据えて生産能力を増強することが必要と判断し、新たなサプリメント工場のための土地と建屋を取得した。

■ 新工場概要

所在地:静岡県三島市松本66
投資額:83億円(土地・建屋の取得額33億円、改修工事・生産設備の導入費50億円)
敷地面積:34,671.11㎡(10,488坪)
延床面積:30,714.94㎡(9,291坪)
構造:SRC造地上6階建
事業内容:サプリメントの製造
生産能力:現状比3倍から3.5倍
本格稼働開始予定:2021年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ