プロロジス、兵庫・猪名川町に物流施設建設

2019年11月19日

 プロロジスは18日、兵庫県川辺郡猪名川町で、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク猪名川2」の開発を決定したと発表した。

 開発地は、兵庫県川辺郡猪名川町南部に位置している。開発地から約2kmの地点には新名神高速道路 「川西」ICが開通し、大阪市内への配送に加えて、京都方面から広島方面まで西日本各地へ効率的にアクセスが可能な立地。同地に先進的物流施設の一大集積拠点を開発することで、多様な業種の事業者へ、西日本全域をカバーできるあらたな物流ハブを提供する。

 施設は、5階建て延床面積約158,000㎡のマルチテナント型物流施設として開発される。1フロア最大約8,000坪のワンフロアオペレーションが可能で、大型のマテハン機器や物流ロボットなども導入しやすい汎用性の高い施設とする。快適に働ける環境づくりの一環として、最上階にはカフェテリアや売店を設ける予定。また、自動車での通勤を想定し、敷地内に500台以上の駐車場を整備する予定。

■ 物流施設概要

名称:プロロジスパーク猪名川2
所在地:兵庫県川辺郡猪名川町肝川・差組地内
敷地面積:約85,900㎡(約26,000坪)
延床面積:約158,000㎡(約47,800坪)
構造:地上5階建
着工予定:2020年4月
竣工予定:2021年8月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ