山本貴金属地金、パナソニックヘルスケアと事業譲渡の合意/高知の第一山南工場に生産拠点を移管

2016年7月25日

 各種貴金属地金の売買、貴金属地金の加工・歯科材料の製造販売などを行う山本貴金属地金(大阪市天王寺区)は19日、パナソニックヘルスケアと子会社であるパナソニックデンタルから、ナノジルコニア製品に関する事業を譲り受けると発表した。

 パナソニックヘルスケアとパナソニックデンタルは歯科事業において確固たるブランドと豊富な実績を持ち、国内はもとより海外にも積極的に展開している。

 特に「C-Pro ナノジルコニア」は高い性能を誇り、世界で認められている製品。そのナノジルコニアの生産を山本貴金属地金が引継ぎ、高知県の第一山南工場に生産拠点を移管し、16年度中に製造販売体制を整える。

 また、ナノジルコニア加工のサポートも引継ぎ、CAD/CAM普及に向けた体制の充実を図る。

■ 譲渡概要

移管先:高知県香南市香我美町上分字大谷1090-3(高知第一山南工場)
譲渡内容:ナノジルコニア製品に関する事業

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ