日本通運、富山医薬品センターが竣工

2021年1月28日

 日本通運は25日、建設を進めていた富山医薬品センターの竣工式を行ったと発表した。

 富山医薬品センターは、製品化された医薬品の国内供給だけでなく、医薬品の主要製造地で製造事業者のバックヤードとして利用される流通サービスも提供し、原料、原薬の調達、輸入、製品輸出など、国内外の医薬品サプライチェーンを見据えた戦略的拠点として位置付けている。

 富山医薬品センター竣工に引き続き、2月には東日本医薬品センター(埼玉県久喜市)を竣工し、国内4拠点でのサービス開始を予定している。

■ 物流施設概要

所在地:富山県富山市新庄本町2丁目8番59号
敷地面積:15,373.79㎡
建築面積:3,112.46㎡
延床面積:11,036.15㎡
構造:5階建(鉄骨造)
設備等:耐震構造、耐火構造、非常用発電設備、防虫・セキュリティ設備 他
着工:2019年12月
竣工:2021年1月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ