岐阜多田精機、岐阜・山県市に新工場

2018年11月20日

 金型の設計製作を行う岐阜多田精機(岐阜県岐阜市)は、山県市に新工場を建設する。11月21日、山県市役所にて立地協定式が行われる予定。

 投資額は約20億円。敷地面積は約9,800㎡。延床面積は2,400㎡。2019年9月の着工、2020年1月の完成・操業開始を予定している。

 新工場では、本社工場の増産対応、秘匿性の高い研究開発を行う計画。

■ 新工場概要

所在地:岐阜県山県市大森(字尾脇)地内
投資額:約20億円
敷地面積:約9,800㎡(平地面積約7,500㎡)
延床面積:2,400㎡(1期工事:800㎡・2期工事:1,600㎡)
雇用予定:1期目 操業時10名(完全操業時50名)(パート従業員を含む)
事業内容:金型設計、製作及び研究開発(自動車部品用金型、住宅設備用金型、弱電機器用金型)
着工予定:2019年9月
完成・操業開始予定:2020年1月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ