オーケーエム、中国・江蘇省に新工場

2021年1月7日

 バルブメーカーのオーケーエムは5日、中国・江蘇省常熟市に建設を進めていた新工場が竣工し、今年1月より操業を開始すると発表した。

 オーケーエムグループでは、中国蘇州市で連結子会社「蘇州奥村閥門有限公司」を2003年に設立し、主に日本向けの生産工場として操業を開始。

 その後、2017年に地元政府からの市街地再開発による立退き要請に応じ、新会社(常熟法人)を設立し、移転を決定した。設立に際しては、中国国内向けの需要拡大を受けて、市場ニーズに適した生産体制を整備することとした。

 今後、中国国内の建築、半導体、ガス製造、造船、食品機械の分野を中心に個別のニーズをきめ細かく捉えて事業拡大を図る。

■ 新工場概要

名称:奥村閥門(江蘇)有限公司
所在地:中国・江蘇省常熟市碧渓街道興港路38号
敷地面積:18,174㎡
延床面積:9,854.55㎡
構造:工場/平屋建て 事務所部/地上3階
生産品目:バタフライバルブ、ナイフゲートバルブ
会社設立:2019年3月
操業開始:2021年1月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ