豊田合成、宮城県大衡村に新工場建設

2021年2月1日

 豊田合成は1月29日、東北地域での自動車部品の生産体制を強化するため、宮城県黒川郡大衡村に新工場を建設すると発表した。

 新工場は生産子会社である豊田合成東日本(宮城県栗原市)の分工場として設立し、2021年4月に着工、2022年夏頃からラジエータグリルなど大型の樹脂塗装製品の生産を開始する予定。

 国内15番目となる新工場は、最新の塗装設備や協働ロボットなどの導入による効率的なモノづくりを追求すると共に、再生可能エネルギーの活用など環境にも配慮した最先端工場として設立する。

 同社は、トヨタ自動車グループが中部・九州に次ぐ国内第3の自動車生産地と位置付ける東北において、これまでエアバッグやウェザストリップなどを生産してきた。

 今回、新たに内外装部品を生産する自社工場を設立し、主要製品の生産体制を強化することで、コンパクトカーを世界中に販売する同地域でのモノづくりを支える。

 新工場の設立により国内生産3極体制を充実させ、国内の他の地域から供給していた大型の樹脂塗装製品を顧客の近隣で生産することで競争力の向上を図る。

■ 新工場概要

名称:豊田合成東日本 大衡工場
所在地:宮城県黒川郡大衡村松の平二丁目10番2
土地面積:約34,000㎡
建屋面積:約8,300㎡
生産品目:内外装部品(ラジエータグリルなど)
従業員数:約40名(稼働開始時)
生産開始予定:2022年夏頃

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ