ブリヂストン、ブラジルでタイヤ工場の生産能力増強

2021年7月5日

 ブリヂストンは1日、グループ会社のブリヂストン ド ブラジル インドゥストリア イ コメルシオ・リミターダがブラジル・バイーア州で運営する乗用車用タイヤと小型トラック用タイヤ工場の生産能力を増強すると発表した。

 総投資額は約7億ブラジルレアル(約154億円)で、2021年第4四半期に着工、生産能力を現在の年間約350万本から段階的に増強し、2024年中に年間約430万本とする予定。

 今回の増強は、コアであるタイヤ事業のプレミアムビジネス戦略の一環として、プレミアム商品を創る体制を強化する。この増強により、米州におけるEVやハイブリッド車向けの乗用車用高インチタイヤなどの需要拡大に対応し、プレミアム商品として拡大を計画している、サステナビリティ、モビリティの進化を見据えた商品の更なる展開が可能となる。

■ 設備投資概要

所在地:ブラジル・バイーア州
総投資額:約7億ブラジルレアル(約154億円)
生産品目:乗用車用タイヤ
生産能力:約430万本(2024年中)
着工予定:2021年第4四半期

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ