日本製紙、石巻工場内のCNF量産設備が稼働

2017年4月26日

 日本製紙(東京都千代田区)は25日、石巻工場内に建設を進めていたセルロースナノファイバー(以下:CNF)量産設備が計画通りに完工し、稼働を開始したと発表した。

 石巻工場のCNF量産設備は、TEMPO触媒酸化法により化学処理した木材パルプから繊維幅が3~4nmと均一に完全ナノ分散したCNFを生産できる設備。

 TEMPO酸化CNFは、機能性シートだけでなく、機能性添加剤やナノ複合材など、幅広い工業用途での実用化が見込まれている。今回石巻工場で量産設備が稼働したことにより、事業化に向けた展開を加速させる。

 今後、6月には富士工場(静岡県富士市)でCNF強化樹脂の実証生産設備を、9月には江津事業所(島根県江津市)で食品や化粧品向け添加剤用途のCM化CNFの量産設備を稼働させる計画。

■ 設備投資概要

所在地:宮城県石巻市南光町2-2-1(石巻工場内)
投資額:16億円
主な生産品目:TEMPO酸化CNF
設備能力:500トン/年
稼働開始:2017年4月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ