旭食品、ベトナムに水産加工の新工場

2019年12月25日

 旭食品は23日、ベトナム子会社で業務用水産加工食品を製造するSAKURA FOOD CO.,LTD.が新工場を建設し、12月16日に稼働を開始したと発表した。

 生産量は旧工場より倍増しの1日最大6トン、年間1,800トンの製造を予定している。今後、サクラフードでは主力商品の水産加工以外、有機JAS認証を取得し、冷凍フルーツの加工製造も手掛ける予定。

 新工場は、ソーラー発電システム・排水処理システム・節水循環システム・電解次亜水システム・冷却水循環システムを導入しており、使用電力の40%をソーラー発電でまかなえるコスト抑制も実現している。

■ 新工場概要

会社名:SAKURA FOOD CO.,LTD.
所在地:ベトナム カインホア省カムラム県スーヤオ工業団地 I1-I2
   :(Lot I1-I2 Suoi Dau Industrial Zone,Suoi Tan-Cam Lam Dist, Khanh Hoa Province, Vietnam)
土地面積:10,481㎡
建物面積:6,934㎡
工場面積:4,746㎡
冷凍庫収容能力:原料庫200トン、製品庫100トン
従業員数:311名
竣工:2019年12月11日
稼働開始:2019年12月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ