JR東日本ウォータービジネス、群馬県みなかみ町に飲料工場建設

2020年11月2日

 JR東日本ウォータービジネスは10月30日、群馬県みなかみ町に建設を計画している新工場を11月より着工すると発表した。

 敷地面積は約9,300㎡。建築面積は約2,900㎡。延床面積は約4,400㎡の鉄骨造2階建て。生産ラインは通常ペットボトル用、宅配水用大型ペットボトル用の2ライン導入する。設計・施工は関東建設工業。2021年秋頃の開業を予定している。

 今回、同社主力商品の谷川連峰の天然水「From AQUA(フロムアクア)」の安定した生産体制の構築や宅配水事業の拡大等を目的として、自社飲料工場を建設する。

 事業は、みなかみ町による企業誘致という形で、みなかみ町土地開発公社により土地の造成が行われ、同社が用地を購入し工場を建設する計画。

■ 新工場概要

事業主体:(株)JR東日本ウォータービジネス
所在地:群馬県利根郡みなかみ町月夜野字深澤2223番ほか(上毛高原駅徒歩約10分)
敷地面積:9,263㎡
建築面積:2,855㎡
延床面積:4,360㎡
建物高さ:16.8m
構造:鉄骨造2階建て
生産ライン:2ライン(通常ペットボトル用、宅配水用大型ペットボトル用)
工場棟:生産ライン、自動倉庫、事務所、見学者ルート
設計:関東建設工業(株)
施工:関東建設工業(株)
コンストラクションマネジメント:明豊ファシリティワークス(株)
着工:2020年11月
開業予定:2021年秋頃

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ