東芝、横須賀市の植物工場が閉鎖

2016年10月11日

 東芝(東京都港区)は6日、神奈川県横須賀市船越町にある植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」について、2016年12月末で閉鎖すると発表した。

 閉鎖に伴い、レタスなどの野菜生産および販売を終了する。

 2014年11月から開始していた植物工場での野菜生産を通じ得られた栽培に適した照明技術、温度・湿度制御技術、遠隔監視システムの条件設定などの経験を活かし、植物工場向け機器やシステム販売の工場ソリューション事業については、今後も継続する方針。

■ 閉鎖工場概要

所在地:神奈川県横須賀市船越町1-201-1
延床面積:1,969㎡
栽培品目:リーフレタス、ベビーリーフ、ホウレンソウ、ミズナ、ハーブ
生産規模:300万株/年(レタス換算)
閉鎖予定:2016年12月末

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ