協和エクシオ、藤沢市の「湘南総合技術センタ」が完成

2017年10月11日

 NTTグループ、KDDIなど通信事業者の電気・通信基盤構築を行なう協和エクシオ(東京都渋谷区)は6日、横浜市南西部の施工拠点集約を目的に、神奈川県藤沢市に建設を進めていた「湘南総合技術センタ」の工事が完了し、10月5日に竣工式を行ったと発表した。

 完成した「湘南総合技術センタ」は、おもにNTT事業の大規模な受注エリアである、横浜市南西部の光アクセス網の構築工事や光開通工事、土木工事における施工・管理業務の効率化を目的に、現在同エリアをカバーしている2つの拠点を統合し、管理業務の一元化や適切な要員配置による迅速な施工体制の構築を実現する。

 センタは神奈川県のほぼ中央に位置し幹線道路に面しているため、センタがカバーする横浜市南西部や他のエリアへの移動も容易なほか、立体駐車場を含む車両約370台の収容が可能な駐車スペース、建物(事務所棟)屋上には出力94.5kWの太陽光発電設備を設置し、首都圏の大規模災害発生時には緊急支援や災害復旧の拠点としての役割を果たす。

 また周辺環境にも配慮し、オオタカが生息しているとされている周辺の既存の樹木を残したまま、新たに敷地の境界線(周辺)に雨水貯留池を兼ねた緑化スペースを確保し植樹することで、藤沢市の条例で義務付けられている敷地面積の30%の緑化、雨水貯留施設の設置にも対応していく。

■ 施設概要

名称:湘南総合技術センタ
所在地:神奈川県藤沢市葛原3005番
敷地面積:12,712㎡
建築面積:2,914㎡(事務所棟:1,127㎡、駐車場棟:1,787㎡)
延床面積:8,188㎡(事務所棟:3,118㎡、駐車場棟:5,070㎡)
建物規模:[事務所棟]鉄骨造地上3階建[駐車場棟]鉄骨造地上3階建(3層4段)
建物構造:耐火構造
要員:約280名(最大収容時:約520名)
車両:約370台
設備:・太陽光発電設備
  :太陽光パネル出力94.5kW
  :太陽光パネル枚数300枚
  :年間予想発電量96,222kWh
  :・緑化設備他
設計・施工:(株)NTTファシリティーズ
施工協力:大和ハウス工業(株)
竣工:2017年9月29日
営業開始予定:2017年11月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ