ニプロ、滋賀県草津市に医療用ゴム栓棟を竣工

2017年8月7日

 ニプロ(大阪市北区)は3日、滋賀県草津市のびわこ工場に医療用ゴム栓棟を竣工したと発表した。

 新棟は、より省力化した設備を導入するとともに、品質、安全面での取り組みとして、生産工程に合わせた製造環境管理区分を設ける。

 ゴム栓の最終洗浄では、WFIを用いたピュアスチームで殺菌乾燥し、乾燥後の製品は、クリーンルーム(清浄度 ISO14644‐1 クラス5)の環境下で計量・包装する。また、棟内はコンパクトかつ監査対応を考慮したレイアウト設計により、工場見学に適した構造となっている。

 従来のガラスバイアルやガラスシリンジの製造部門に、新たに医療用ゴム栓製造部門を加えることにより、びわこ工場を国内における医薬用包装材料の総合供給基地として位置づけ、引き続き、GMP対応とユーザーニーズに対応できる高付加価値製品の開発と供給を図る。

■ 新棟概要

名称:(仮称)ファーマパッケージング事業部 びわこ工場 医療用ゴム栓棟
所在地:滋賀県草津市山寺町笹谷61-9(びわこ工場内)
建築面積:約3,330㎡
延床面積:約3,330㎡
稼働予定:2017年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ