日本GLP、「GLP尼崎III」を着工/関通の専用施設

2020年5月15日

 日本GLPは14日、兵庫県尼崎市で物流施設「GLP尼崎III」の起工式を行ったと発表した。

 施設は、大手3PL企業である関通の入居がすでに決定しており、同社の専用施設として利用される。

 特徴としては、入居企業のニーズを反映し、明るく清潔感のある建物外観を演出するため白色を多く用いるほか、エントランスには自然のぬくもりを感じる木目調を採用。見晴らしのよい最上階(4階)への事務所集約も行い、女性用洗面所にはパウダースペースを整備してアメニティーの充実も図っている。

 加えて、庫内には空調と超大型シーリングファン「ビッグアスファン(Big Ass Fans)」を設置予定。また、BCP対応としては、受変電設備の設置位置を通常より高くすることにより洪水対策を施している。

  関通は尼崎市内にすでに物流拠点を保有しているが、業務拡大に伴い物流拠点を拡張するため、立地の優位性と個別ニーズへの柔軟な対応を評価し、入居を決定した。

■ 物流施設概要

施設名:「GLP尼崎III」
所在地:兵庫県尼崎市道意町6丁目
敷地面積:約8,500㎡
延床面積:約17,000㎡
構造:地上4階建て(1階にトラックバースを設置)、耐震・鉄骨造
着工:2020年5月
竣工予定:2021年5月
認証取得:CASBEE(新築) 認証(予定)

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ