東レ、メキシコ工場で炭素繊維の製造能力増強

2021年11月19日

 東レは18日、米国子会社のZoltek Companies, Inc.(以下:Zoltek)が、メキシコ工場でラージトウ炭素繊維の生産設備を増強すると発表した。

 今回、Zoltekのメキシコ工場(ハリスコ州)の生産能力を現行の年産1万3千トンから2万トンに増強する計画。ハンガリー工場の1万5千トンの生産能力とあわせてZoltek全体で年産約3万5千トンの生産能力となる。設備投資額は約130百万USD(約140億円)で、2023年からの生産開始を予定している。

 近年、環境負荷が少ない再生可能エネルギーとして風力発電の新規導入が進められている。また、発電効率向上を目的とした発電翼の長尺・軽量化要求が強まり、比重が低く、比強度・比剛性が高い炭素繊維の使用比率が増加している。

 このような状況を背景に、ラージトウ炭素繊維は今後も中長期的な市場成長が見込まれている。今回の生産設備増強で、より強固な安定供給体制の確立を図り、拡大するラージトウ炭素繊維の需要を取り込む。

■ 設備投資概要

会社名:Zoltek Companies, Inc.
所在地:メキシコ合衆国ハリスコ州(メキシコ工場)
投資額:約130百万USD(約140億円)
生産品目:ラージトウ炭素繊維
生産能力:2万トン/年
生産開始予定:2023年

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ