工場・物流施設を中心とした設備投資情報を配信

木村工機、八尾製作所の主工場建て替え

2022年7月12日

 木村工機は8日、八尾製作所の主工場棟と管理棟を建て替えると発表した。

 八尾製作所は複数の建物で構成され、その多くは竣工後60年近くが経過していることから、生産効率の向上を目指し、順次建て替えを進めている。

 今回、工場棟(小型製品の組立、制御部品の組立/テスト)の建て替え工事が順調に進み7月に竣工予定となったことや、経済活動も回復基調となり受注も好調に推移していることなどから、主工場棟と管理棟の建設に着手する。その後、2024年初頭より4棟目の建て替えを計画し、これで一連の建て替えが完了する予定。

■ 新工場概要

所在地:大阪府八尾市北久宝寺
投資額:約20億円(工場棟、旧設備の取壊を含む)
資金調達:金融機関からの借入金および手元流動資金
資産の内容:建物(主工場棟:大型製品の組立、事務所等)
延床面積(予定):主工場棟 2,947㎡
        :管理棟 2,148㎡
構造(予定):主工場棟 1階建
      :管理棟 4階建
契約締結予定:2022年7月中旬
建物完工予定:2024年2月下旬

このエントリーをはてなブックマークに追加