日南、宮崎県西都市に研究開発棟を建設

2017年9月19日

 工業用モデル・試作品の製造を行う日南(神奈川県綾瀬市)は宮崎県西都市に「宮崎総合研究所」を建設する。

 投資総額は約4億円。自己所有地70,000㎡に900㎡の建物を建設する。新規雇用予定は51名。工場では、特殊用途用ロボットや自走運転車両などの設計開発、AIを活用した製品開発を行う。2017年12月の着工、2018年5月の完成、同年6月の操業開始を予定する。

 今回、日南グループ国内最大の製造拠点である(株)ウイント総合センター内に研究所を建設し、製造開発の様々な分野に対応できる体制を整える。

■ 研究所概要

名称:(株)日南 宮崎総合研究所
所在地:宮崎県西都市大字調殿字寝頃687-3
投資総額:約4億円(2017~2018年)
敷地面積:70,000㎡(自己所有地)
建物面積:900㎡
新規雇用予定:51名
事業内容:特殊用途用ロボットや自走運転車両などの設計開発、AIを活用した製品開発
着工予定:2017年12月
完成予定:2018年5月
操業予定:2018年6月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ