浜松ホトニクス、新貝工場に新棟/65億円投資

2019年6月21日

 浜松ホトニクスは20日、静岡県浜松市の新貝工場に新棟を建設すると発表した。

 近年、量産性の高い樹脂モールド光半導体素子や放射線検査装置用のX線イメージセンサとX線フラットパネルセンサの需要拡大が続いており、今後もさまざまな分野での売上拡大が見込まれている。

 新棟では、光半導体素子、X線イメージセンサとX線フラットパネルセンサの生産体制を強化する。光半導体素子では、新貝工場と関連会社に分かれている製造工程を新棟に統合し、省人化と自動化による生産の効率化と供給体制の強化を図る。

 また、X線イメージセンサ、X線フラットパネルセンサでは、設計/開発/評価エリアの集約による製品開発のスピードアップと、製造エリアの同一フロア化により生産の効率化を図ることで供給体制を強化し需要拡大に対応する。

 なお、近年増加している自然災害に対する事業継続性を確保するため、事業継続計画に基づく地震対策や水害対策を建物構造に取り入れることで災害対策を強化するとともに、LED照明や断熱壁構造、太陽光発電設備、雨水再利用システムなどの環境対策を積極的に取り入れた建築設計としていいる。

■ 新棟概要

建物名称:新貝工場2棟
所在地:静岡県浜松市南区新貝町1128番地(新貝工場1棟東側)
投資額:約65億円
構造:鉄骨造地上4階
建築面積:4,560㎡
延床面積:15,285㎡
施設構成:1階来客玄関、物流エリア、光半導体素子の生産(クリーンルーム)
    :2階光半導体素子の生産(クリーンルーム)
    :3階X線イメージセンサ・フラットパネルセンサの生産(クリーンルーム)
    :4階設計室、評価室、会議室、休憩エリア
    :R階太陽光発電施設(自家消費)186kW
収容人員:約400名
生産品目:光半導体素子、X線イメージセンサ、フラットパネルセンサ
生産能力:約250億円(売上高換算)
着工予定:2019年7月
竣工予定:2020年8月
稼働予定:2020年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ