協和プレス工業、和歌山市に新工場

2020年2月7日

 板金部品を製造する協和プレス工業(和歌山県紀の川市)は、和歌山市吐前に新工場を建設する。

 今回、インバウンドによりホテルや商業施設の新築が増えていることから業務用空調機関連の受注増加が見込まれており、生産量や生産速度の大幅な向上を図るため、工場の増設を決定した。

 同社は、精密板金加工とプレス加工の技術をベースに、切断・穴あけ・曲げ・溶接・組立という工程を通じて、主に業務用空調機・冷凍機、工作機械、情報通信機器で使用される板金部品を製造している。売上高は約14.8億円(2019年3月期)。従業員数は70名。主要取引先は三菱電機 冷熱システム製作所、三菱電機 コミュニケーション・ネットワーク製作所、三菱電機、菱和、メイワなど。

■ 新工場概要

所在地:和歌山県和歌山市吐前968-6
投資額:6.9億円(建物・設備)
敷地面積:5,833.6㎡
延床面積:1,507.61㎡
雇用予定:正社員40名(3年間)
事業内容:板金部品の製造
操業開始予定:2020年9月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ