不二精機、高知県宿毛市に新工場/22年12月稼働

2020年2月17日

 不二精機はこのほど、高知県宿毛市に工場を新設すると発表した。

 同社の精密金型の日本国内での製造は、注射器などの医療用品用や自動車関連部品用を中心に、1972年に開設した愛媛県東温市の松山工場で行っている。

 今回開設する新工場は、今後さらに技術者人材の採用が困難になることが想定される中で、高知県内の人材を安定確保することを目指す拠点と位置づけている。

 業務内容としては松山工場と連携し、第一段階でCADを使用した金型設計業務の一部を実施し、第二段階で金型の部品加工を実施することによって精密金型事業の納期対応力や収益性の向上を目指す。

 今後は、高知県宿毛市との企業進出協定を2月18日に締結し、高知県企業立地促進事業費補助金の申請を行う。操業開始予定は2022年12月としており、順次人材の採用・教育と関連設備の導入を予定している。

■ 新工場概要

名称:高知宿毛工場
所在地:高知県宿毛市平田町(高知西南中核工業団地内)
総投資額:約4億円(一部補助金の交付を計画)
取得不動産:既存の不動産(土地4,600㎡、建物590㎡)
不動産取得予定:2020年3月
事業内容:金型の設計・加工
操業開始予定:2022年12月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ