松長鐵工、延岡市行縢町に新工場

2020年11月16日

 精密機械部品の製造・加工を行う松長鐵工(宮崎県延岡市)は、延岡市行縢町に新工場を建設し、本社機能を移転する。

 投資額は約1.4億円。敷地面積は1,615㎡。建築面積は672㎡。延床面積は616㎡。操業後5年間で5名の新規雇用を予定する。今年10月に着工しており、2021年3月の完成、同年4月の操業開始を予定している。

 同社は、精密機械部品製造・加工やアーク溶射・加工を行っている。今回、より精度の高い加工技術を要する部品の製造を行うため、新たな機械の導入スペースを確保できる延岡市行縢町に移転・増設する。

■ 新工場概要

所在地:宮崎県延岡市行縢町1157番地、1157番地2、1158番地1
投資額:約1.4億円
敷地面積:1,615.4㎡
建築面積:672.94㎡
延床面積:616.06㎡
新規雇用予定:5名(操業開始5年)
生産計画:2025年度 1億円
事業内容:精密機械部品製造・加工、アーク溶射・加工
着工:2020年10月
完成予定:2021年3月
操業開始予定:2021年4月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ