TBM、宮城の多賀城工場が竣工

2021年2月24日

 TBMは16日、宮城県多賀城市に建設を進めていた同社の国内第二プラントとなる「多賀城工場」が竣工したと発表した。

 新工場は、石灰石を主原料とする複合素材「LIMEX」を年産23,000t製造する。第一プラントの白石工場(年産6,000t)と合わせて、自社拠点の生産量を約5倍に強化する。本格稼働は2021年4月を予定している。

 新工場の稼働により、従来から提携工場と連携して生産しているファブレスでの素材製造だけでなく、自社工場で製造するLIMEXシートやLIMEXペレットの生産体制・品質安定性を向上させ、国内への普及促進と多賀城工場をモデルとした技術輸出によるLIMEXのグローバル展開を加速させる。

■ 新工場概要

所在地:宮城県多賀城市八幡字一本柳117番13
投資額:約70億円
敷地面積:27,500㎡
延床面積:7,736㎡
生産品目:複合素材「LIMEX」
生産量:約23,000t/年
稼働開始予定:2021年4月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ