パイン、パインアメ専用工場建設/33年ぶり

2021年3月22日

 パインは18日、滋賀県草津市に33年ぶりとなる新工場を建設し、2020年10月から本格稼働を開始したと発表した。

 1988年に建設した滋賀工場(現・第二工場)で全てのキャンディを製造してきたが、パインアメの需要が高まったこと、2021年3月に会社設立70周年を迎えたことを機に、より高品質な商品を安定的に提供するためパインアメ専用ラインを新設し、2020年10月より稼働した。

 新工場は、パインアメやオレンジアメなどパインアメの姉妹品を製造する専用工場となる。また、新たな機械を導入し、生産性を高めることでより少ない労働時間でパインアメを製造し、社員の残業を減らすよう取り組む。

 また、2021年1月に食品安全マネジメント規格FSSC22000認証を取得した。

■ 新工場概要

所在地:滋賀県草津市追分南9丁目1-1
敷地面積:12,478㎡
建築面積:1,351㎡
延床面積:2,168㎡
生産品目:アメの製造
稼働開始:2020年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ