ナカニシ、栃木・A1工場敷地内に新工場

2021年8月10日

 歯科医療用機器を製造するナカニシは6日、栃木県鹿沼市のA1工場敷地内に新工場を建設すると発表した。

 同社は、世界135カ国以上に向けて製品を輸出しており、そのほぼすべてを栃木県鹿沼市にある本社工場(組立・梱包)とA1工場(部品加工)で一貫生産している。

 昨年から続くコロナ禍により歯科医療現場の感染対策ニーズは世界的に高まっており、同社製品に対する需要も高い水準で推移している。同社は、歯科医療現場における感染対策意識の高まりは一過性のものではなく今後も続く恒久的ニーズと捉えている。

 また、コロナ禍以降の事業活動により同社製品の世界シェアはさらに高まったことから、生産能力向上を経営上の課題として具体的な対応を検討していた。

 今回の新工場建設により生産エリアを拡張し、工作機械の追加導入と生産要員の拡充を進めることで、生産能力の向上を図る。

■ 新工場概要

工場名称:A1+(エーワン・プラス)
所在地:栃木県鹿沼市深程990
投資額:約18億円
延床面積:約5,500㎡
監修:(株)北川原温建築都市研究所
設計・施工:前田建設工業(株)
資金計画:自己資金により充当
着工予定:2021年11月
竣工予定:2022年6月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ