ニプロ、東洋紡と大館工場に新工場建設

2021年11月8日

 ニプロは5日、東洋紡と共同で、大館第7工場内に、CTA製(セルローストリアセテート)ダイアライザ(人工腎臓)の一貫生産工場を建設すると発表した。

 世界で需要増が見込まれるダイアライザの増産に対応するため、2024年7月の稼働開始を目指し生産体制の強化を図る。

 ダイアライザとは、腎臓の機能低下により慢性腎不全となった患者が、人工透析により血液をろ過し、毒素を取り除くために利用する医療機器。

 ニプロは、CTA製中空糸を1980年代初めより東洋紡 岩国事業所(山口県岩国市)から大館工場に供給を受け、ダイアライザを製造。このCTA製中空糸膜のダイアライザは、物質除去能と生体適合性に優れており、これまでも世界中で利用されている。

 今回、東洋紡と共同で新設する工場では、前工程で東洋紡が原料から製造した中空糸をそのまま後工程でニプロがダイアライザにまで加工、製品化する。両社の生産工程がスムーズに連携する一貫生産体制を構築することにより、生産効率の飛躍的な向上が可能となる。

 世界の人工透析患者数は今後も年率7%で増加が予想され、それに伴ってダイアライザの需要も増加が見込まれている。

■ 新工場概要

所在地:秋田県大館市二井田字羽貫谷地8番地7(ニプロ大館工場内)
設備投資額:約170億円
延床面積:約31,000㎡(ニプロ:15,000㎡、東洋紡:16,000㎡)
構造(階数):鉄骨造 3階建
生産品目:人工透析用CTAダイアライザ
雇用予定:80名
着工:2021年7月
稼働予定:2024年7月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ