工場・物流施設を中心とした設備投資情報を配信

FUJI、岡崎工場に新工場棟/100億円投資

2022年5月16日

 電子部品実装ロボットを製造するFUJIは13日、愛知県岡崎市にある岡崎工場で現工場棟の一部の建替え工事を行い、新工場棟を建設すると発表した。

 近年、5G通信や電気自動車、スマートフォンやパソコンなど、あらゆる分野において電動化・電子化の波が加速度的に進んでいる。

 これにともない、電化製品や電子デバイスに内蔵される基板に半導体などの電子部品を搭載する電子部品実装ロボットについても、増産や安定供給が求められている。

 今回、電子部品実装ロボット製造の主力工場である岡崎工場に新工場棟を建設し、最新のロボット技術やIoT技術を導入することで、同工場の生産能力を増強する。

■ 新工場概要

所在地:愛知県岡崎市恵田町北横1-3(岡崎工場)
総工費:約100億円
延床面積:32,500㎡
構造:4階建
生産品目:電子部品実装ロボットおよび周辺機器
導入設備:多関節ロボット、自動搬送ロボット、ロボット倉庫、屋内測位技術、統合生産管理システム
着工予定:2022年11月
操業開始予定:2024年9月

このエントリーをはてなブックマークに追加